環境にやさしいモノづくり ! !

Pocket

環境にやさしいモノづくり!!
目次
  1. 環境に配慮した経営
  2. 明光電子の品質・環境方針
  3. 環境法規制と当社の取り組み
  4. まとめ

1.環境に配慮した経営

    
   

環境への意識は世界規模で高なってて、ようけの事業者が
「環境負荷の少ない製品か?」、「サプライヤーは環境配慮等に積極的に取り組んどるか」などの
「グリーン調達」を意識してはって、環境に与える影響に配慮した経営、
すなわち 環境経営 を求めてますねん!。(^_-)-☆

環境経営には「業務量の増加」、「コストの増加」、「人手の不足」、
「経営・企業活動の自由度の低下」などのデメリットも存在しとるけど、
「コスト削減」、「法規の遵守」、「企業イメージの向上」
などのメリットも広く認識されとります。
環境経営

明光電子は2007年に「ISO14001」を取得し、
有害な環境影響(環境への負荷)の低減、有益な環境影響の増大を目指し、
環境経営を行っとりますねん。

2005年に取得した「ISO9001」による品質方針と共に、
以下のような方針を掲げてまっせ。(* ̄0 ̄)/

2.明光電子の品質・環境方針

    
   

品質・環境方針

1.顧客満足の向上と汚染の予防を含む地球環境保全への貢献を実現するために、
マネジメントシステムの継続的改善を図ります。

2.事業活動において関連する環境法規制及び当社が同意するその他の要求事項を順守し、
お客様の要求事項に合った製品及びサービスを提供致します。

3.品質及び環境マネジメントの重点課題として、以下のような内容に取り組みます。
(1)お客様の不満や苦情を把握し、満足度を向上
(2)設計・開発段階からのグリーン品の採用促進
(3)環境配慮製品の拡販
(4)在庫管理の効率化による不良在庫削減
(5)再生資源の有効活用

4.この方針を全ての従業員に周知し、方針達成のため全員参加で取り組みます。

HPでも公開中
http://www.meicodenshi.com/aboutus/quality.html


明光電子では、開発・設計の領域であれば、
製品ライフサイクル全体の環境負荷を低減させるような環境配慮設計(エコデザイン)を、
製造面では工場における省エネや廃棄物ゼロ(ゼロエミッション)を、
販売・流通面では物流の効率化によるCO2 の排出削減に取り組んでおり、
社員一人一人が環境に配慮をもって仕事をしとるんや(๑•̀ㅂ•́)و!! ガッツポーズ

  

3.環境法規制と当社の取り組み

    
   

電機・電子部品の業界では自主的な取り組み以外にも
RoHS指令に代表される法規制への対応を求められとりまっせ。

特に環境保護の分野で世界をリードする欧州連合(EU)発の規制は
「廃自動車(End-of-Life Vehicle; ELV)指令」(2000 年施行)や
「廃電気・電子機器(Waste Electrical and Electronic Equipment; WEEE)指令」
(2005 年施行)・
「電気・電子機器に含まれる特定有害物質使用制限(RoHS)指令」(2006年施行)・
「化学物質の登録、評価、認可及び制限(REACH)」(2007年施行)
など様々な法規制がありますねん。
法規制
そういった法規制に対するお客様からの調査依頼は年々増加してて、
対応に苦慮されとるご担当者も多いかと思とります。(~_~;)

弊社にも、ようけのお客様から何百件/月もの調査依頼を
頂きまっけど、専任の部署・担当者にて対応を行うことで漏れなく、
迅速に対応しとるんですわ。

だから営業マンの効率ア~ップ!!٩(ˊᗜˋ*)و お客様へのサポートも充実するんや!

  

4.まとめ

    
   

明光電子は電子機器及び産業機器分野の開発促進・支援を担う
電子の統合商社や。
電子の統合サービス業として顧客満足を高め、質の高い製品とサービスの提供を通じて、
お客様や仕入先との共存共栄を目指しまっさ。
困ったことがあればなんでもお問合せください。
     
次回のブログでは2013年に改正され、来年7月に適用が(一部カテゴリを除き)開始される
改正RoHS指令を簡単に解説しまっせ。

  
この記事を書いた人

戸川 洋助(関西営業部)

明光電子関西営業部のゆるキャラ的存在 ( *´艸`)
必死のパッチでお客様の問題を解決しまっせ!!

戸川洋助

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Pocket